中国の輸入代行業者ならECサイトの交渉から買付まで一挙にお任せ

中国の風景

商品の仕入れに輸入代行業者を利用するメリット

中国と日本

実店舗や通販サイトといった販売形態の違いに関わらず、小売業を営むにはまず商品の買い付けと仕入れが欠かせません。最近では商品が格安で仕入れられる中国輸入が小売業界の人気を集めていますが、輸入に関わる煩雑な手続きを簡略化させる目的で輸入代行業者を利用している店舗が増えています。
商品の仕入れ原価と販売価格との差が大きいほど利益率が高くなるとは言え、販売価格はなかなか上げにくいものです。商品の買い付けと仕入れに中国輸入代行業者を利用すれば仕入原価を圧倒的に安くできるだけに、販売価格を下げても十分に利益を出せる中国輸入は事業成功の切り札とも言えます。商品の仕入先には中国国内の通販サイトだけでなく卸業者や工場も含まれており、輸入代行業者が価格交渉してくれるため常識を超えた安値が実現されるのです。こうした仕入れルートが開発されて以降は、輸入代行業者を通じて中国の工場やメーカーと代理店契約を結ぶ日本の小売店が続出しました。
一方で中国輸入代行業者を利用すれば買い付け手数料が加算されて不利になると思いがちですが、中には手数料が無料の業者も存在します。買い付けた商品を中国通販サイトの倉庫に預け、注文に応じて購入客へと梱包・配送を代行してもらうことも可能です。中国輸入業者のこうしたFBA納品を利用すれば結果的に配送コストも節約できるため、利益率がさらにアップします。